2004.06.18 Friday 02:27

著書・コメント:戦後政治の崩壊― デモクラシーはどこへゆくか ―

4308930.gif

岩波書店で購入はこちらから


アマゾンで購入はこちらから


 小泉政治が日本の民主主義をどれだけ破壊したのかを、本格的に検証した書物です。怒りや不満を論理と行動に転化するためのテキストにしてください。

 以下、一連の読者の皆様からのコメントへの返答

 いろいろとお便り有り難うございました。この間、さぼってしまい申し訳ありません。今月発売の新書に加えて、石川真澄さんの名著『戦後政治史』(岩波新書、1995年)の改訂版を作るという作業を引き受け、同書出版以後の十年の政治の動きをコンパクトにまとめるという仕事をしていました。この本は8月に出る予定です。

 今月新書を出して、いささか感慨深いものがあります。93年の『政治改革』から始まって5冊目(岩波新書としては4冊目)の新書です。この間、日本の政治学者としては最も精力的に同時代の政治を追いかけ、批判的に論評してきました。しかし、書いても、書いても日本の政治は悪くなる一方です。小泉ごときのインチキに、手もなく国民がだまされるという状況を見て、政治学者としての無力を感じます。しかし、黙っていては何も変わりません。

 最近寝る前に太平洋戦争中の知識人が書き残した本を読んでいます。清沢冽『暗黒日記』(ちくま学芸文庫)、『石橋湛山評論集』(岩波文庫)、桐生悠々『畜生道の地球』(中公文庫)の3点がお薦めです。昭和15−20年の日本と、今の日本との間に一体どんな違いがあるのかと、考えさせられます。権力者が論理をかなぐり捨て、事実を隠蔽し、国の命運を狂わせるという意味では、あまり違いはありません。

 大きな違いは、今の日本には治安維持法がないことです。何を書いても、それだけで投獄されることはありません。あの時代の知識人が言論の自由を貫くために身命を賭していたのに比べれば、今の学者など甘いものです。文筆を業とするものは、挫折だの閉塞だのと贅沢を言っている場合ではありません。

 言論の自由といえば、読者の方より亀井秀雄氏のコメントについての投稿がありました。亀井氏の私に対するいちゃ文にはいちいち応えるまでもありません。言論の自由、表現の自由を守ることについてのまじめな議論の揚げ足を取って、気の利いたことを言っていると悦にいる連中は前からたくさんいましたが、亀井氏がその手合いだとは知りませんでした。私の文章を読んであくびを出そうが興奮しようが、それは読者の自由です。しかし、およそ文筆を業とするものであれば、権力者が言論や表現の自由を抑圧しようとするときに反論することは、義務でさえあると思います。自衛隊という暴力組織の責任者が「八つ当たり」で一般市民の表現活動を威嚇するということは、軍事組織の責任者にあるまじき行為なのです。私の揚げ足を取る前に、そのこと自体をどう考えるかを明らかにすることが、およそ言論に携わっているものの最低限の倫理です。仮に、言論の自由は「良識」的な者だけに許されるなどと思っているのなら、ウェッブサイトの冒頭に「官許」という印でも付けることをお勧めします。

 もう1つ、年金問題について批判をいただきました。日本の年金制度は賦課方式と積み立て方式の折衷という性格を持っています。しかし、『朝日新聞』5月13日朝刊に載った堤修三(前社会保険庁長官)のインタビューにあるように、厚生労働省は現役世代に対して賦課方式の側面を強調して、年金保険料を払うよう宣伝しています。私の議論は、それを前提にしています。

 7月の参議院選挙は、小泉政治の欺瞞に対してノーを言う最後のチャンスです。この選挙を乗り切れば、彼はあと2、3年総理の座に座り、やりたい放題をするでしょう。その間、国政選挙がないことを考えれば、この参議院選挙の重要さが分かります。主権者として、悔いのないように行動したいものです。

Posted by: 山口二郎 : 2004年06月18日 13:59

以下、コメント。

先生の新書を読ませていただきました。基礎的な次元から、とても勉強になりました。第六章での「例外を作れば、その例外はじわじわと広がっていくのだ」という文章を読んで、改めて最近の言論弾圧に対する危機感をもちました。

Posted by: Lilliput : 2004年07月03日 16:38

リンクのお知らせ

初めて書き込みいたします。労働者運動資料室というNPO法人のサイト管理者をしているものです。このサイトは労農派マルクス主義、旧日本社会党などの文献をネット上で紹介していくことを主な目的としています。今回、リンク集を拡張したのを機に、山口先生のサイトをリンクさせていただきました。お暇な時にでも覗いていただければ幸いです。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~rounou/

Posted by: 労働者運動資料室管理者 : 2004年07月02日 22:39

 ご高著『戦後政治の崩壊』を購入して、拝読しました。現在の政治状況を「戦後政治の崩壊」と認識されたことをはじめとして、他には、リスクの個人化と裁量的政策の組み合わせや、思考の省略と問題の単純化などといった小泉政治の問題点についての指摘では、納得するところが多かったです。
 わたしは、大学3年の90年7月に外務省で開催された学生論文コンクールで、自衛隊海外派兵を否定して、アジアとの経済的相互依存の深化による戦争抑止体制の構築を主張して、優秀賞を受賞した経験などがあります。それだけに、多国籍軍参加という事態になるまで、世論が何とか食い止めることは出来なかったのか、という思いがあります。もっとも、個人的には冷戦崩壊直後に、いつかは自衛隊を派兵することを予測していましたが、当時は米軍の肩代わりでフィリピン派兵を想定していました。中東イラクへ派兵することまでは、予想外でした。
 89年1月当時は、平成=大正とみなして、これから民主主義が発展するものと思っていました。しかし、平成=昭和とみなした方が実態に即している気がしています。かつて村上龍の小説でファシズムを扱ったものがありましたが、絵空事ではなく、もう目の前まで迫ってきている危機感があります。自民党政権は不況を長期化させて国民への参政の意欲をそぎ、改憲への地ならしをしていったのではないか、とすら思えてきます。
 このような書籍の刊行を待望していたので、本当にありがとうごさいます。

Posted by: 西戸 雄一郎 : 2004年06月25日 19:49

コメントの追加
先日、高橋哲哉さんから近著『平和と平等をあきらめない』(斎藤貴男氏との対談、晶文社)をいただきました。私の新書の帯と全く同じタイトルを付けた本で、中身を読んで大いに共鳴しました。普通の人間にとって、平和と平等は大切な価値です。今、この2つの価値をあしざまにけなしているのは、たまさか権力や金を持って、自らを絶対の安全地帯においている人々です。たまたま貴種に生まれただけで、あるいは世渡りが上手なだけで、権力や富を手に入れた安倍晋三や竹中平蔵などに、国の誇りだの自助努力だのと説教をされるいわれはありません。

世代論で人間をくくることには落とし穴がありますが、高橋(1956年生まれ)、斎藤(1958年生まれ)両氏と私はほとんど同じ世代です。特に斎藤さんとは同い年です。団塊世代がバブル時代に無謀で愚かな行動を繰り返し、日本経済をどん底に突き落としたあとは、私たちの世代がその後始末をしなければなりません。

ほぼ時を同じくして、尊敬する高橋、斎藤両氏とともに、平和と平等の擁護を訴える本を出せたことを、大変嬉しく思います。私の本を読んでくださった人は、是非、高橋、斎藤両氏の対談も読んでください。

Posted by: 山口二郎 : 2004年06月19日 13:02

2004.04.16 Friday 22:21

著書:地方政治の活性化と地域政策


地方政治の活性化と地域政策 地方自治土曜講座ブックレット
山口 二郎 (著)  価格: ¥840 (税込)
出版社: 公人の友社 ; ISBN: 4875553854 ; (2004/01)

2004.01.17 Saturday 02:22

著書:日本社会党〜戦後革新の思想と行動〜

shakaitou.jpg
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4818815500/wwwyamaguchij-22

2004.01.17 Saturday 02:21

著書:現代日本の政治−改革をめぐる理念と政治過程−

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4595236301/wwwyamaguchij-22

2004.01.17 Saturday 02:20

著書:グローバル化時代の地方ガバナンス

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400022610X/wwwyamaguchij-22

2004.01.17 Saturday 02:19

著書:市民がつくる公共事業

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000092898/wwwyamaguchij-22

2004.01.17 Saturday 02:18

著書:東アジアで生きよう!−経済構想・共生社会・歴史認識−

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000019309/wwwyamaguchij-22

<<new | 2 / 3pages | old>>
 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.