2011.06.16 Thursday 14:01

ツイッター

 最近、ツイッターを始めました。毎日書くのは大変ですが、折々に感じたことを書いていこうと思います。
@260yamaguchi

興味のある方はご覧ください。

Comment:
2011/06/19 10:06 PM, 小林 昭人 wrote:
首相、安全確認し原発再稼働 「停止は影響大」
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011061901000564.html

「菅直人首相は19日、自然エネルギーに関する国民との「オープン対話」を官邸で開き、電力不足を回避するため、定期検査などで停止中の原発について再稼働を急ぐ考えを示した。」

 一見東電を中心とする原発推進派に屈したように見えますが、これは推進派が嵩に掛かった所で「原発を止められるのはオレしかいない」と叩く(叩き方はいろいろ)という策略で、ここで国民の任期は回復し、求心力も高まり危機を脱出するという筋書きでしょう。何ともあざとい話。

 こんな陳腐な子供だましに騙されるのはよほどのオツムだと思いますが、騙される人は騙されるのでしょう。例えば先生のシンパとか。

 ツイッターで先生は内閣不信任否決を否定するのは憲法違反とのたまっているそうですが、部分社会の法理を知らないわけではないでしょう。政党は高度の自律性を有する部分社会で、これはそもそも憲法の問題じゃない。

 もう一つ見ると、鳩山外交が失敗したのはジャパン・ハンドラーのせいだとも書いていますが、普天間の問題は私も双方のニュースを比較しましたが、日本と米国で報道に大きな差はありませんでした。むしろ日本ではあまり出ない仲井真知事のインタビューに時間を割くなど米国の方が充実している内容さえあった。ここで鳩山外交が失敗したのはハンドラーのせいではなく、この政権がすでにある国際間の合意を反故にしたことの方が大きい。

 仮に政権が変わっても、場合によっては高権が変わっても、結ばれた条約はその国を拘束する。これは当たり前のことで、普天間の一件では、その当たり前のことを守らなかったから米国の不審を買った。これは内容とは別の話で、ここで先生や民主党の政治家に、あの時点で日本は国際社会では北朝鮮並みの無法をやったのだという自覚がないことは問題でしょう。

 ここでウィキリークスなんかで愛国心を論じるのは間違いで、あんな程度の内容、実は暴露されるまでもなく、日本国民なら誰でも、およその見当はついていた。今や左翼は唯一のスターじゃないんです、「ポピュリストー」とか「ハシシター」とか競合するライバルがいっぱいいる。ここで使い古された古い芸にいつまでも頼るのはどうかと。

 むしろ先生方が鈍感なのは、現在、国民の多くが本物の危機として感じているのは原発で、生命の危機のあるこれについてはウィキどころでは済まないぞということに自覚のない点、もう一つ言えば、実質的に所有権を奪われる被災地の漁民の執着と憤懣の程度を過小評価している点でしょう。「いのち、平和、憲法九条」が大事だという割には、先生方は他人の生命、自由、財産、名誉を大事にはしていない。そんなことはとっくに見抜かれている。

 だから、被災者や子どもを持つ母親たちの心境を逆撫でするような、原発をダシにしたアホな政略なんか思いつけるんでしょうな。

 菅内閣は、これはなり手がいないからできっこないと思いますが、内閣改造をするそうです。どうせこのまま行っても民主党のブレーンとしての先生は菅直人と一蓮託生ですから、ここは自爆テロでもやる心境で、いっそ入閣しませんか?

 叩かれる当事者になってみれば、分かることもあるというものです。

2011/06/22 9:05 PM, 小林 昭人 wrote:
クビも繋がったようですし

国会会期の70日間延長を議決 公債法成立のめど立たず
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011062201000694.html

「国会は会期末を迎えた22日の衆院本会議で、8月31日まで70日間の会期延長を民主、国民新などの賛成多数で議決した。」

「退陣と引き換えに公債発行特例法案成立を図るとした民主党との大筋合意は破綻。」

 私も周囲の評判があるので、あまりこのあざとい人(首相)に加担したくないのですが、あとは原発推進を明言している海江田大臣のクビをいつ切るかでしょうな。

 より効果的にやるなら、私としてはこれはクビを切るだけでは足りず、経済産業省を解体すべきと思いますが。例えば商務省と産業省とか、大蔵省解体の前例があります。省庁再編をすることで推進派の足場は丸ごと砕かれ、経産省の公務員も2〜3割カットできる。どちらも国民のウケの良い提案で、ポピュリズムに徹するならこれでしょう。

 解体のメリットはといえば、原発とリストラ以外はこれは産業政策と龍つ政策を分離できるくらいですし、TPPのようなことは商務省(流通省)に専念させれば外国ウケも良い(外国の日本に対する不満の第一は誰と交渉すれば分からないため)。キャノンの御手洗とか住金の米倉みたいな工場のオヤジがTPPについて論及していることのいかがわしさおかしさも分かることでしょう。

 もっとも、経産省の現在の悪事といっては、これは保安院がありますが、煎じ詰めればこの役所が「原発事故に居合わせたことが悪い」くらいの話しかありません。別に彼ら(経産省職員)に罪はない。しかし、人身御供が必要ならそうして悪い理由もない。菅さんがなにかをやるために延命したいというのなら、タイミングを測って海江田を切り、経産省をまるごと人柱にしたらいかがでしょう。今のところ、公務員いじめは国民の正義です。犠牲になる職員については「そこにいたことが悪い」。

 もう一つ、公務員給与カットの話ですが、これは四の五の言わず協約は反故にして人件費を二割切ってしまえば良いでしょう。処分人員リストを彼らに出させるとか(民間企業はみんなそうしている)。現在までのところ、彼らに労働基本権はありませんので、これは交渉するのもおごかましい。これもウケの良い政策。

 北大は官僚養成の学校ですので、こういう言い分は学生にはさぞ気分悪いだろうと思いますが、どうせこの人(首相)には大した余剰も支持もない。吝嗇家の主婦よろしく節約するのは当たり前の話で、人気取りオプションも取れるものは取った方が良いことも当たり前のこと。それに山口先生は生徒に教えていると思いますが、政治とは最も非情な権力闘争のゲームです。これで国会議員や経産省の職員が何人犠牲になろうと、私はそれが悪いことだとは思わない。犠牲になった方が悪い。

 「世界人類が平和になりますように」というお題目がありますが、誰とでも仲良くなれる人間などいません。少なくとも現在の国会に菅さんが好きな人はあまりいませんので、これは自爆スイッチ(解散権)を片手に「嫌われ者世に憚る」とやってみたらどうでしょう。

 ここで経産省以下役所を二つ三つぶっ潰し(潰される側は別に悪くない)、原発を廃止し、もう一つくらい有意義なことをすれば、首相の名前は歴史に残るでしょう。現在の人間は評価しなくても、後世の人間は評価してくれるに違いありません。

 ま、そこまで首相の気力胆力が持てばの話ですがね。先生も官邸にはいませんので、持たないという方に座布団一枚。

2011/06/23 2:39 AM, テレーズ wrote:
小林 昭人さん

6月19日付「被災者や子どもを持つ母親たちの心境を逆撫でするような、原発をダシにしたアホな政略」て、何ですか? 具体的に教えてください。
2011/06/23 12:23 PM, 小林 昭人 wrote:
>テレーズさん

 たぶん民主党の支持者だと思いますが、ニュースなど見てこれが分からないんじゃちょっと困りますね。現在、政府とこの国のエリート(面倒なので十把一絡げ)が買ってしまったのは今までにない「本物の怒り」です。表立った抗議運動こそありませんが、マグマは着実に滞留していて、下手に触れればヤケドする。原発と再生エネルギーにつき言を左右にして明確な指針を示さない菅さんの行いというのは、これは一歩間違えば何が起こるか分からない危険な綱渡りなんです。倒閣どころか政党政治ごと丸焼けにされかねない。

 そんな恐ろしく危険なものを政争の具にする神経がまず常人のそれではない。よほど考えてやっているか、無神経かのどちらかです。大学の学窓で左翼の先生方が「けしくりからん」と何十年もやってきたような漠然とした反発とは質が違うんですよ。だから「考えなしにもてあそぶな」と書いている。そういったことをアドバイスしそうな人も同じですね。

 あともう一つ書くなら、政略とか謀略というものは仮にそれがあったとしても、「具体的に教えてください♪」なんて間抜けなたわ言は言えないものですね。いずれにせよ、三党合意は白紙で、菅内閣も続投が決まりました。ご指摘の文章は19日の話で、そんな古新聞、今さら解説の意味もない。

2011/06/25 2:10 PM, 小林 昭人 wrote:
政治学入門講義(youtube 6/16)拝聴しました

 最初は政治学の話かなと思いましたが、それは最初の一〇分で、途中から行政学、ナショナリズムの話などバラエエィに富んだ内容豊かな講義だったと思います。論題は多岐に渡るものの高度にバランスが取れており、わずか1コマの時間でこれだけ多様な内容をまとめて論ずることは普通の先生ではちょっとできないでしょう。それと先生の文章の特徴だと思いますが、用語の誤用がほとんどないですね。そういう点でも質の良い講義だったと思います。

 世の中、ちゃんとした大学教育を受けたくても受けられなかった、いろいろとあるので雑多な知識ばかり頭に詰め込んでしまったという不幸な人が大勢います(このコーナーで先生を批判している人なんか大半そのようですね)。

 大中高卒、右も左も関係ありませんので(そういうことをいう奴は右左や中卒以前に人間として終わっている、大学生なら学生として終わっている)、これは副読本抜き(一般人は大学生みたいにハズレ覚悟で本は買えない)でもオススメです。大学一年向けとのことですが、だからといって内容の質が低いわけではなく、個々の言葉には確かな学識に裏打ちされた堅固さがあります。
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.