2011.03.04 Friday 00:00

政治の危機にどう対処するか

 

 菅直人政権は、内憂外患、いよいよ切羽詰った状況に追い詰められた。私は、菅政権は結構長持ちするだろうと考えていた。菅氏は、よくも悪しくも権力の座にしがみつくタイプである。支持率の低下を気にせず、野党からの攻撃を聞き流すことができれば、首相は長続きする。予算関連法案が成立せず、国民生活に迷惑が及べば、それへの非難は法案をつぶした野党のほうに向くだろうと予想していた。

 しかし、それはあくまで民主党が結束するという前提の話である。民主党内で分裂が起これば、菅政権はたちまち誰からも相手にされなくなる。今回、衆議院の民主党会派の離脱を表明したのは、比例単独の1年生議員ばかりである。民主党の支持率が低下した今、彼らには政治家としての将来はない。今回の行動は、小沢一郎元幹事長への援護射撃を兼ねて、投機的な政党再編に一縷の希望を見出そうとしたものということができる。

 民主党の未熟さを非難するのは容易である。予算と関連法案をめぐって与野党が対峙している時に、1年生議員が大挙して会派を離脱するなど、政治の常識ではありえない話である。鳩山由紀夫元首相は、普天間基地移設問題に関連して、海兵隊の沖縄駐留が抑止力だという理屈は方便だったと、本音を正直に述べた。その伝で行けば、民主党という政党そのものが、自民党を倒すための方便に過ぎないということになる。政権交代を起こした後は、方便としての矛盾があちこちで露呈した。

 いまや、民主党や菅政権の行き詰まりを批判することは子どもにもできる話である。しかし、あれもだめ、これもだめと政治家や政党を非難するだけでよい状況だとは思えない。民主党に対する期待がなくなったからといって、自民党に対する期待が復活したわけではない。そもそも敗北の総括も自分でできないような自民党が政権に戻るのは早すぎる。自民、民主の両党に幻滅した人々は、とりあえずみんなの党を支持するか、場所によれば橋下徹大阪府知事や河村たかし名古屋市長に代表される第3勢力を支持することになるのだろう。しかし、それらの勢力が仮に権力を得るならば、一体何が起こるのか。デマゴギーの政治が一層悪化するだけである。今の民主党政治よりも悪いものが出てくることだけははっきりしている。

 自民党政治が続いていた時代には、権力者に対してただだめだと批判していればよかった。いまの政権はガラス細工で、社民党が予算関連法案に反対する、民主党の陣笠議員が反乱を起こすだけで、政権は頓死するかもしれない。この権力者を倒したとき、次に誰が出てきて何をするのかをある程度考慮に入れながら政治を論じなければならないというややこしい時代である。

 民主党の掲げたマニフェストもまた、方便だった。しかし、その中には捨てるべきもの物あるが、人間を守るための政治という重要な理念も含まれている。そこまで一緒に否定し去るのはもったいない。

 もう1つ、よい政権は100%よいことをするという素朴な思い込みを廃する必要がある。いろいろ不満はあるけれど、他と比べればましだという程度の理由で政権と付き合うことが必要な時代である。

週刊金曜日2月25日


Comment:
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.