2010.02.17 Wednesday 20:16

お知らせ: シンポジウム「グローバル資本主義と人間の尊厳」

皆様からのお申し込みが定数に達しましたので、受付は終了いたしました。


北海道大学 市民社会民主主義研究プロジェクト・東京大学大学院情報学環 共催シンポジウム

グローバル資本主義と人間の尊厳

2008年のリーマンショック以降、グローバル資本主義の限界が指摘されているにもかかわらず、際限のないコストカットの圧力の前に、働く人間は疲弊し続けている。

日米両国の市民に束の間の希望を与えた「チェンジ」の掛け声も、今は空しく響く。

どこに出口があるのだろうか。

グローバリゼーションの問題点を一貫して追及してきたサスキア・サッセン氏を迎え、、21世紀の「生」の可能性を考える。

 
  ■日 時:2010年3月16日(火)14:00〜17:00 (開場13:30)
  ■会 場:東京大学本郷キャンパス
 情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアター
 http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access.html
 
  ■基調講演:
   サスキア・サッセン ●Columbia University
  ■パネリスト:
   本田由紀 ●東京大学大学院教育学研究科
   北田暁大 ●東京大学大学院情報学環
     (コーディネーター)
   山口二郎 ●北海道大学大学院法学研究科
   ※同時通訳あり
 
主  催:文部科学省科学研究費基盤研究(S)
「市民社会民主主義の理念と政策に関する総合的考察」(研究代表者/山口二郎)
東京大学大学院情報学環
共  催:北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター
社団法人 生活経済政策研究所
お問合わせ:北海道大学 グローバリゼーション&ガバナンス研究プロジェクト事務局
        北海道大学大学院法学研究科 TEL/FAX:011(706)3798

Comment:
2010/02/20 3:49 AM, fanvi wrote:
Ustreamで実況(録画)配信など検討できないでしょうか。
これからはそれらのネットメディアの活用も視野に入れて欲しいです。
2010/12/08 9:32 AM, 月光 wrote:
 日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

 弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任です。

 表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
 
 日弁連・会長:宇都宮健児らは、提訴し、勝訴するための「虚偽は正当だ」との理念を抱き、当然のように実践する人間たちだということでしょう。

 そして、組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もないのです。

 国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な事実を知るべきであり、この元凶者たちを排除すべきです。

法曹界に正義はありません。
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.