2018.07.03 Tuesday 18:37

倦まずたゆまず

 先週も政治の堕落を物語る出来事がいろいろと起こった。加計学園理事長が開いた記者会見らしきもの。自民党議員が委員会の受動喫煙の制限を求めたがん患者でもある参考人に暴言を吐いたこと。今や、不祥事は安倍政権の日替わりメニューとなった。
 しかし、私自身が安倍政治の毒気に当たったようだ。デモや集会で話をするのも我ながらマンネリだと思う。けしからんことを次々あげつらっても、どうせ高度プロフェッショナル制度もカジノも淡々と進むのだろう。安倍首相はやすやすと自民党総裁3選を決めるのだろうと思うと、批判の筆を執る気力が起こらない。ぼんやりしているうちに土曜の午後になり、編集部から督促の電話を受ける羽目になった。
 政権批判の先鋒を任じてきた私がこの体たらくでは、まさに向こうの思うつぼである。ここは同じことの繰り返しと言われようとも、おかしいことをおかしいと言わなければならない。
 同時代の読者だけに読まれると思うから、マンネリだと感じるのだろう。80年前、石橋湛山や清沢冽のような勇気あるジャーナリストは過酷な環境で政権批判を繰り返していた。今我々はそれを読み、勇気を得る。ならば我々も、2010年代の日本の愚かさを書き残すことが同時代のみならず、後世の日本人に対する責務となる。

東京新聞 6月24日

Comment:
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.