2018.04.30 Monday 16:46

学問の自由

 公のメディアで発言する以上、私の主張に対して批判があるのは当然である。しかし、根拠のない言いがかりには反論しなければならない。
 このところ、政府が研究者に交付する科学研究費について、杉田水脈、櫻井よしこ両氏など、安倍政権を支える政治家や言論人が、「反日学者に科研費を与えるな」というキャンペーンを張っている。私は反日の頭目とされ、過去十数年、継続して科研費を受けて研究をしてきたので、批判の標的になっている。
 櫻井氏は科研費の闇という言葉を使っているが、闇などない。研究費の採択は、同じ分野の経験豊富な学者が申請書を審査して決定される。交付された補助金は大学の事務局が管理して、各種会計規則に従って、国際会議の開催、世論調査、ポスドクといわれる若手研究者雇用などに使われる。今から十年ほど前には、COEと呼ばれる大型研究費が主要な大学に交付されたので、文系でも億単位の研究費を使う共同研究は珍しくなかった。研究成果はすべて公開されているので、批判があれば書いたものを読んで具体的にしてほしい。
 政権に批判的な学者の言論を威圧、抑圧することは学問の自由の否定である。天皇機関説を国体の冒瀆と排撃した蓑田胸喜が今に生き返ったようである。こうした動きとは戦わなければならない。

東京新聞4月29日

Comment:
2018/05/02 11:56 PM, 一応言っとくけど wrote:
俺に思想の類はないからな

形而上学にはついぞ関心なく


2018/05/06 1:15 PM, 匿名으로 希望 wrote:
在日僑胞中에 韓國語를 工夫안하는 사람아 많은 理由가 뭐에요?
當身은 日本語를 당최 쓸 수 없는 사람을 日本人란 생각해요?
저는 그렇게 생각안한데요.
日本國籍도 든 Albert Fujimori를 日本人란 생각하는 사람들아 몇 명 있어요?
저는 移民排斥를 한 사람이지만.


2018/05/09 2:24 AM, NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク wrote:
私達はテクノロジー犯罪の被害者です。今日本はHAARPやケムトレイルで連日攻撃されています。この日本だけではない異常気象はその仕業だと思われます。特に日本は戦前より、新科学兵器の実験場にされ、日本人は電磁波などを使用した科学兵器の開発のためにモルモットとして知らない間に攻撃を受けていたのです。調べてみてください。脳ジャックをする兵器、他人の脳を遠隔でコントロールする兵器はもう完成しているのです。そして、日本のあらゆる組織にはソーカトーイツなど、そして韓半島の背乗りなどが配置され、日本を占領している。日本人を酷い目にあわせています。オウム事件は始まりであり、拉致問題も無関係ではありません。連れ去られた人もあれば、日本に草として根付いている背乗りもいます。その犯行にテクノロジー兵器やMKウルトラ等ノウハウを使用した集団嫌がらせ行為マニュアルが使用されています。今年もその周知のため、当団体ではフォーラムを開催します。東京は2018年5月13日午後1時より千代田区立日比谷図書文化館にて。大阪は2018年5月19日午後1時より大阪市立中央会館です。ぜひテクノロジー犯罪と日本がおかれている現実について知って下さい。
2018/05/13 2:08 PM, masa wrote:
学問の自由の否定である、と言ってるが
お前のその自由のせいで
理系の教授がどれだけ迷惑しているかわかってんのか
文系にもお金がかかるのはわかる。
高お前は自分さえ良ければいいのか。
自分が自由を主張するってことは
それだけ周りに迷惑をかけているってことだぞ
そういう事を何も考えず、審査が通ったから自由だ
自由だって言っているお前はただのガキだ
わがままだ
左の人間は何かにつけて自由自由というが
いい年して、そんなに人に強制されるのが嫌なのか。それでいて審査が通ったから自由?
自分のことさえ良ければそれでいいのか?
奴隷のように何でもかんでも目上の人のゆうことを聞けっていうわけじゃないけど、左翼は明らかに
自由自由って言いすぎた。わがままだ、ばか
2018/05/14 4:53 PM, J.Natsui wrote:
 麻生財務大臣の、「セクハラ罪という罪はない」という暴言は、
一般社会で普通のオジサンが言えば、単なる軽口ととらえられる。
ところが麻生大臣は、公務でフィリピンに出張中に記者団を前にして
発言したのである。いわば公私の混同である。普通は、批判されれば
それに気がついて発言を撤回するものである。ところが大臣は
公私混同に気がつかないどころか、国会でもその考えを、
真面目な顔をして頑なに繰り返している。

 「はめられて訴えられているのではないかといった意見もある」というのも、
そういう意見を、私的な場所で軽口で言う人はいるものである。
ところが大臣はそれを本気に受け取っているらしく、公的な立場で発言する。

 記者団との応答で、財務省を大蔵省と言って、その言い間違いに
自分で気がつかなかったりする。国会における答弁でも、
これに類することがしばしば見られる。

 本日(5月14日)の衆院予算委員会でも、意味不明の不規則発言を
したようである。これらの現象から判断すると、麻生大臣は
軽度の痴ほう症を発症しているのではないかと疑われる。

これらの点について、専門医の意見を聞いてみるべきではないか。
自民党議員の中にも医師は何人かいると思う。彼らの注意を
喚起すべきではないか。
2018/05/17 1:51 AM, zozo先生は wrote:
うらやましいなぁ
2018/05/21 9:07 PM, J.Natsui wrote:
 天皇退位と改元について具体的な検討が進められている。
これについて残念なことがある。2019年の4月30日に
今上天皇の退位、5月1日に新天皇の即位となると、
日付が切り替わる瞬間、皇位が途切れて天皇が不在になる。
そのことに安倍や神社本庁や右翼が平気なのが不思議である。
彼らも所詮は戦後生まれなので、時間は物理的に連続していて、
皇位は途切れていないと信じているのであろう。

 一個人においては、日付が変わるとき、確かに時間は連続していると言える。
しかし前天皇と新天皇は別人格なので、途切れることなく皇位が
受け継がれるためには、皇位継承の時刻を共有していなくてはならない。
したがって、退位と即位の日付は同じでなければならない。
退位に関する特例法による、安倍内閣主導の皇室会議の決定内容は
そうなっていない。

 昭和から平成への代替わりは、昭和64年1月7日、
昭和天皇崩御と同時に行われ、その日が平成元年1月7日となった。
つまり皇位継承は、同日でかつ同時に行われた。今回は同日同時ではない。
そのために天皇不在の瞬間が生まれる。4月30日の退位によって
天皇不在の状態にしておいて、5月1日に即位するという運びになっている。
この特例法を決めた御厨や政治家、それを支持する右翼は、
手続きに物理的な問題はないと考える点で物質主義者であり、
左翼と何ら変わるところがない。むしろ皇位が途切れることで、
天皇制否定の一部左翼を喜ばせることになる。

 今回の皇位継承を同日同時にするためには、5月1日の午前中に行われる
剣璽等承継の儀によって退位と即位が同時に行われることにするのが
一つの方法である。これが宗教儀式であることが問題であると言うなら、
それに先立って即位の儀式を皇位継承の儀式として行えばよい
だけのことである。
2018/05/22 4:17 AM, 全てがうらやましい wrote:
栗城先生 プロだったのに
生きて帰ってくると思ってた

zozoスーツは資源の無駄な感じ
自分で巻尺ではかったらよかったのに

それで初回1000円で
長袖Tシャツとスパッツ売って

基本サイズを得て
この長袖Tシャツに対応するシャツのサイズは
こうです
このシャツに対応するジャケットのサイズはこうです
このジャケットに対応するコートのサイズはこうです

こうあるべきだったかなと思ったり思わなかったり

こうしてれば長袖Tシャツが売れた
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.