2014.08.27 Wednesday 23:41

北大集中講義試験問題

北大集中講義 政治過程論

試験問題

1 民主政治における少数派の役割と意義について論じなさい

2 人民による政治と人民のための政治を両立させるためにどうすればよいか、自由に論じなさい。


Comment:
2014/09/04 9:05 PM, (*≧m≦*)ププッ wrote:
橋下に論破された事を未だ
根に持ってるんだね

少数派の意見に耳を傾けならがらも
多数派が世を動かして行くんだよ

それが嫌なら日本から出て行けば??

まぁ一般市民になったお前に
目くじら立てても仕方が無いけどね
2014/09/06 2:07 AM, 匿名希望 wrote:
本や新聞を書く時に編集部や出版者がまさに「匿名の情熱」というくらいに関わっている。
確かに、著者の自費出版ではなく出版社や新聞社が商品を出すのだから確かに「匿名の情熱」はあるだろう。例えば雑誌の論文タイトルや本のは原則編集部が決める、中には高慢な編集者がいて著者が憤りを覚えた、本のエッセイを載せないの理由は出版する側の都合や好みだった、奇妙な編集部からの言葉狩り等をブログあたりで経緯を書いて欲しいなと思う。
2014/09/08 6:57 AM, 通りがけ wrote:
「オバマ米国と安倍日本国のご主人イスラエル悪魔王国のプーチン大統領核爆殺計画」
新宿御苑を閉鎖したのはイスラエルモサドです。デング熱ウイルス媒介蚊をばら撒くだけの能力がありその蚊を東京でばら撒く機会を人知れず手にすることができる治外法権を持つもの、つまり犯行の動機と機会を両方兼ね備えるものが真犯人ですから、簡単にわかりますね。
このことからイスラエルモサドが新宿御苑を閉鎖した本当の狙いがわかります。先にイスラエル手羽先鬼畜総務省選管NHK共犯の不正選挙で当選した舛添創価(=イスラエルユダ金)偽都知事がロシアを訪れて盛んに追従外交しており、これは訪日予定を明言したプーチン露大統領を東京へおびき寄せるためです。プーチン氏はエデンの園の蛇「契約の悪魔」ユダヤフリーメーソンイスラエル悪魔王国が何が何でも地上から抹殺してしまいたい現在地球最強のエクソシスト悪魔祓い師です。ウクライナで飛行機を撃墜したが暗殺に失敗した。そうしたらウクライナでイスラエルが策謀した内戦がプーチンに停止させられました。もういま暗殺しなければイスラエル本国がいつ国連でBRICS諸国連合によって永久敵国指定されるかわからない。しかしプーチン氏が露国内に居る限り手も足も出せない。今度の訪日こそ千載一遇の暗殺チャンスであり、これに失敗すればプーチンの圧倒的実力からしてイスラエルに明日という日は二度と永久に訪れないだろうから、こんどこそ失敗は許されないのです。だからユダ金の馬鹿の一つ覚え核兵器をデング熱騒ぎで閉鎖した新宿御苑に穴を掘って仕込んでおいて、プーチンが来日して東京都内で新宿御苑周辺で公務を果たしているまさにそのときに核爆発を起こし日本国首都東京もろともプーチンをこの世から葬り去ってしまおうという計画です。
つまり戦争犯罪偏執狂ユダヤフリーメーソン「契約の悪魔」王国イスラエル国の手羽先白痴鬼畜安倍似非日本政府が鬼畜NHK電通を使って煽り立てる不自然極まりないこのデング熱騒ぎもサノフィワクチン詐欺騒ぎも、なにからなにまですべて悪魔王イスラエルモサドの「最強悪魔祓い師プーチン大統領暗殺計画」の一環なのです。
まあイスラエルが本当の黒幕であることがばれずに済んだら、プーチンの東京への誘い込みと暗殺に失敗しても新宿御苑に仕込んだ核兵器は秘密のまま隠しておいて、東京を滅亡させる別のショックドクトリンの機会が訪れるまで温存しておけますね。
2014/09/09 12:21 AM, author wrote:
↑なぜ当局は殺虫剤撒いて蚊を駆除しないのかね?

2014/09/13 6:36 PM, 匿名希望 wrote:
以前、私がフリースペースに行っていた時に色々ネタを飛ばして「以前はさ、管理教育からの自由と言っていた連中がさ、今はつながりとか言ってるだよね、おかしくない(地域の紐帯を言うが、地域のしがらみからの自由はどうなんだろうか?)」とそこにいた人達に振ったが、その責任者(女性)が「えっ、そこには何の矛盾も無いですよ、だって自由って大切じゃないですか?」私「管理教育だって強烈なつながりでしょう?以前はそこからの自由や子ども権利を絶叫していたんじゃないの」。その後、彼女の言う事が何だか一字一句は忘れたが、確か管理教育はつながりではないと言い出したようなので私「あなたとすれば人とのつながっていれば、全てすばらしいかのような事を言うんですね。あなたってシアワセな人ですね。あなたは人に嫌な事をされなかったんですか?」彼女「人に嫌な事をされましたが幸せになれるつながりって素敵じゃないですか」、「あなたとは議論が深まって行きませんからもうやめたいです」と言う。
確かに彼女と私の議論は噛み合わないが、彼女の話を聞くと寝ぼけた自己啓発(自己を啓発すると同時に自己が所属する集団をも啓発する。例えば自信と「仲間を信じて」)みたいである。
私が何を言いたかと言うと、大抵個性、つながりを言う一味はすさまじい排除を伴い、個性(世間とやっていけるのが個性というのがこの一味の定義らしい)、子どもの人権をを言いながら子どもに「グズ」などと下品な事を言い出すのと同様である。
2014/09/13 10:45 PM, 匿名希望 wrote:
ある勉強会に出ていたら、ひきこもり者を持つ母親が来ていて話をする。
その話によると「息子がひきこもっていて普通の会社員をしている親に悪態をする。その後息子がひきこもりプログラムをこなして行くうちに「普通の会社員になるしか無いんじゃないかな」と言い出すんです」と母親が言ったところ講師が快活に「なんで普通というところに人を巻き込ませるんでしょうね」と言うが、私は「普通」という事にケチをつけ「個性」を煽りながら相手の個性を侮辱する奴を何人も知っている。 そんなに個性的でいたいならその人の分まで個性的であってくださいよ、「普通でいたい」というのは排除された人が一番に思う事でしょうが。
2014/09/14 1:36 PM, 匿名希望 wrote:
私は以前、寝ぼけた感じの左派系団体(前出した山田昭次のフォーラムを主宰していた団体)と関わっていたが、そこも凄まじい排除意識と(極めて低レベルな)エリート意識にまみれているという感じがした。
そこの団体は小さなミニ団体が複合している所で、政治団体からは区議会議員を一名出している。
そこの諸団体は寝ぼけているので人にあだ名で君、ちゃんずけをするのだが、自分も何たらの一つ覚えでその議員の事を「M(イニシャルの匿名にした)ちゃん」と言うとそこの古参のメンバーが嫌な顔をして「そんな事を言ったらNさん(Mちゃん)が偉くならないでしょ」と説教する。
その他色々と違和感があったが、確かに私はそこでやや子どもぽい所はありその古参はそこに煙たい顔をするが、私に言わせれば、あなた達は理想的な事を言いながら凄まじい排除をしている事に気づかない寝ぼけた幼稚な左翼みたいであるという事である。
また芸術団体からはジュリアード音楽院という所に10歳あたりで入学した俊英(彼女は年上にタメ口をきいていたが、最低限の敬語はジュリアードの入学試験科目にはなかったのか)がいたが、私が冗談で「私もいつかはジュリアードに」とおちゃらけて言ったのを回りの人が「何バカ言ってるの」みたいな侮蔑の笑みを浮かべていた。
2014/09/16 8:50 PM, 通りすがり wrote:
「少数派の意見に耳を傾けならがらも 多数派が世を動かして行くんだよ」
民主主義における多数派の専制がこの人の辞書には無いのだろうか?
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.