2012.11.05 Monday 17:31

浮遊する政党政治

 石原慎太郎氏が東京都知事を辞めて新党を結成すると表明し、第三極をめぐる議論が飛び交っている。私は石原という政治家を全く信用していないので、彼が進める第三極にも何の関心もない。ただ、これからの政党政治の基軸を考える上では、反面教師としての意味はあるかもしれない。

 当人やメディアは第三極と言うが、政策の重心は自民党よりも右側である。外国のメディアでも日本の右傾化が話題になっているようだが、右の選択肢ばかりが増えては何の意味もない。また、数をそろえるために重要な政策課題についての議論を棚上げにするのでは、今までの政党再編の誤りを繰り返すだけである。

 何か新しい動きを起こそうとするとき、なぜ政治家はああまで他人を攻撃し、否定するのだろうか。確かに現状に大きな問題があるから新しい政党や政策が必要であり、政治家が権力者を批判することから自己の存念を開陳するのは当然かもしれない。しかし、日本の諸問題は、一見天災に見える原発事故も含めて、為政者の作為、あるいは不作為がもたらした人災である。長年国や自治体の権力を担ってきた政党、政治家が自分のことを棚に上げ、他人を批判することで存在感を訴えるのはさもしい話である。とりあえず官僚が悪いと言っていれば、何か正しいことをしているように見えるのだから、政治家は楽である。

 国民の政治不信の根底には、そのような評論家然とした無責任な態度に対する不信がある。安倍晋三自民党総裁は、総理在任中に国会で野党議員の質問に答えて、福島第一原発の事故対策は十分できていると断言したのである。政府の対応を批判する前に、なぜ自分がそのように思ったのかを説明するのが筋であろう。石原知事は、国政について大言壮語する前に、都政で行った公金の無駄遣いについてけじめをつけるのがそれこそ権力者としての義務である。他人の失敗をあげつらう前に、自分の誤りを率直に認め、今後の教訓を語ることの方が、政治への信頼を取り戻すことに資するであろう。

 既成政党批判の動きが次々と台頭する中で、政党の基軸をどのように立てていけばよいのか。1つはっきりしているのは、いま打ち出されている選択肢はどれも偏っているということである。それは、国民の穏健な良識、常識を代表する政党がないということでもある。領土紛争を戦争につなげてはならない。ある程度の負担を増やしても社会保障を強化したい。エネルギー消費をある程度減らしてもよいから原発依存をやめ、福島の人々や後世の日本人にかける迷惑を減らしたい。今の政治家が応えるべき国民の常識はこれらに要約されるだろう。

 宙に舞うような官僚批判や国家意識の鼓舞は、目の前の具体的な問題を何一つ解決しない。それどころか、問題を一層悪化させる。自民党や第三極が地道な政策論議に取り組まない現状では、民主党こそが、今までの誤りを総括したうえで、改めて国民の常識を反映した基軸を立てなければならない。今は与党なのだから、持てる権限をフルに使って、こうした常識を実現するための礎を打ち立てなければならない。原子力規制委員会の人事や大間原発の建設再開の動きを見ていると、この党が唱えた政治主導が消え去ったとしか思えない。いま捨身になって戦わなければ、民主党は次の選挙で本当に消滅するかもしれないのである。

 臨時国会が始まった。与野党ともに、次の選挙における国民の選択肢を整理し、対決構図を明確にするという意味で、建設的な喧嘩をするべきである。党首討論を毎週でも行って、それぞれの政党が目指すビジョンを語ってほしい。

 民主党が常識に応える路線を樹立できないなら、さっさと再編を起こすしかないのだが、それについてはもう少し先に論じる機会があるだろう。

熊本日日新聞11月4日


Comment:
2012/11/08 12:24 AM, 勃起王 wrote:
先生が荒らされるのを好まないような波動を感じまして

当方は何も申し上げません 


ただ一言

ごもっともです
2012/11/08 12:39 AM, 勃起王 wrote:
保守なんてないってことを
理路整然と攻撃してほしい

それが酔っ払いの願いです^^
2012/11/08 7:59 PM, manifold wrote:
社会は複雑系。
「初期値鋭敏性」をつくづく感じる。

最近、石原慎太郎元都知事や橋下徹市長の文字を見ると、ジュゼッペ・ヴェルディのディエス・イレ が頭の中を鳴り響いてしまう。
2012/11/09 1:00 AM, 都民・某 wrote:
石原都政は、そんなに公費の支出乱用では無かったようです。
税収が多いからといってしまえばそれまでですが。

石原都知事辞任数日後の読売の記事に
「派手さに目を奪われがちだが、都財政の再建を石原都政最大の成果に挙げる都職員はすくなくない。」
「就任時約1,000億円の累積赤字は解消された上、さらに約8,700億円の基金が積み上がっている。」
「維持費のかかるハコ物に徹底的に手を出さなかったためである。」
とあるのを記憶しています。

いま手元に記事がないのが残念ですが、上記の内容でもう少しハッキリ細かい数字が示されていました。
(読売の、東京都向けのページかな? だとすると山口先生はご覧になっていないかも)

やはりコトはそう単純ではないと思います。
山口先生による、このサイトの10月30日Tuesday 12:46 石原新党という虚構も読みました。
しかし、確かに新銀行東京などの失敗とか、画家の息子への公費使い込みなどはあったものの、
  あぶく銭を得た放蕩息子のごとく、... ...散財を繰り返した。とか
  都政で行った公金の無駄遣いについてけじめをつけるのがそれこそ権力者としての義務である...
というのは、全体としてみると当たっていないと思います。

山口先生には、石原氏・第3極に対し、なお一層の切れ味するどい評論を期待いたします。
2012/11/09 10:03 PM, greengrass wrote:
まず年齢でだめでしょう。
2012/11/09 10:30 PM, … wrote:

>まず年齢でだめでしょう

なんで?

国会議員に立候補するのに年齢の上限はないョ

下限はあるけどサ

オマエ年齢で人を差別すんの?

心身共に職務に耐える健康状態が確認されたなら、年齢は立候補やそれに対する支持とは関係ねーんだョ

しかるに石原は健康に問題はないことは確認されたといってる

とすれば石原が国会議員に立候補するのになんの障害もないし、総理大臣になるのもなんら問題ない

あほダネ~乙!
2012/11/09 11:01 PM, マカ王 wrote:
何かくのか忘れた
これもすべて酔っ払ってるせい

2012/11/09 11:04 PM, 勃起王はだめすぎた  wrote:
あの手のネーミングセンス うたい文句
笑ってしまうんだけど

蘇る男の自信
勃って勃って勃ちまくれとかwww

さすがに勃起王はだめだな

ちょっと下品すぎた

反省
2012/11/09 11:17 PM, … wrote:

やっぱオマエは天狗っちがイイよ!

んふ∀

お久~に来たけど、コバヤシっちはどうしてんのかね?

ちょっとアタシたち彼を


イジメ過ぎたんかな?

んが~?



2012/11/09 11:21 PM, 天狗の秘薬 wrote:
これくらいがいいかなw

小林君は良くわからない人です
かたや お前たちは無視といいつつ
かまう必要なしといったブログタイトルで
えんえんと何か書いてますし

歯牙にもかけないといった態度で
人の言説に多大な影響を受けたり

謎の人物といわざるを得ない
2012/11/14 12:19 AM, 丸坊主 wrote:
>>橋下支持者による山口サイトの中傷文
(ヲタ本人のHPより)

コイツは、あれ以来な〜んにも進歩が無いなw

この一文でいかに脳内だけで生活してるか
また人との交流がいかに無いかが良く分るw

まぁガンダム好きのロートルじじぃは
引きこもった挙句がこの程度ってのが良く分るよw

あ〜気持ち悪ぃ〜♪♪
2012/11/15 7:53 PM, こじま wrote:
もっともですが、現状否定、官僚批判で政権とってしまったのが民主党ですからね。山口先生、3年前はそのあたり、どのように考えておられたのでしょうか。
2012/11/15 9:51 PM, a改めb wrote:
もう、うんざりだ。勝手に日本人が右傾化したことにさせられて、石原総理なんてまっぴらだ。憲法廃棄とか馬鹿じゃないのか。中国と戦争なんてごめんこうむる。本当に選挙は茶番にすぎないのか。あれだけ政権交代前に格差と貧困がクローズアップされて日本が福祉国家の道に歩むと思ったのに。あなたが提言してくれた子供手当てのおかげで私の妹が堕胎するところっだったのに結婚でき、こども2人できたのに。
今回の選挙で民主党が掲げた社民党が引き継ぎ第一党に躍進しなければ国民を愚弄している。党首を湯浅誠に替えて、戦って勝てなければ選挙など大衆を騙すための茶番劇だ。
自民党の安倍の顔など見たくもない。橋下徹など吐き気がする。石原慎太郎など地獄に堕ちろ。
日本の民主主義はまったくの見せ掛けなのか!
アメリカのジャパンハンドラーはあまりにもふざけている。マイケル・グリーンの発案か。
2012/11/16 4:43 AM, 笠坊 wrote:
社会に蔓延するウソ、政治に絡むウソに対峙していくのはシンドイことです。政治に無関心であることが,健全に生きる為の知恵であるような心境にもなります。

偽りを否定する為に消耗させられることは,人間としての限界があり,不毛な人生を強要されたような気にもなります。

学問は真実の追究といいますが,偽りの否定に消耗させられると,自らの光を失います。

偽りの再生産と拡散が商業マスコミの存在手段として許された社会では,集合的な国民意識の方向を変える為に,その偽りに対峙していくことが果たして有効な手段なのでしょうか。

inspirationが求められます。
2012/11/16 7:48 PM, 天狗の秘薬 wrote:
小林はどうでもいいが小林ホームページを見た
文通してる気分になった
コメントはない

さすがにここで調子に乗りすぎた
悪乗りししすぎた

反省している マカ王はまずかった

小林はどうでもいいが


2012/11/17 12:17 AM, a改めb wrote:
右傾化しているのではなく、軍需産業によって右傾化させられているだけでしょう。石原はヘリテージ財団の操り人形に過ぎません。
2012/11/17 1:17 AM, … wrote:
あー、

やっぱオマエは茶坊主がイイよ!

なんでハンネかえるの?

茶坊主っち?

コバヤシっちはココ、今も読んでるみたいだネ

アタシたちの悪口書きまくってるということは?

ところが、一昨日結成した太陽の党が!


明日解党だってさ!


ハッシーの維新と合併すんだと?

報道されてる!

いやあ、この報道が真実なら山口先生はどう反応するか?


そして、コバヤシっちはどう反応するか?

楽しみですのぅ?

ちなみに14日の解散サプライズ発言から、日経平均370円爆上げしてます


ドル円82円目前です!
2012/11/17 8:53 AM, a改めb wrote:
副島隆彦の学問道場から引用

アメリカ合衆国も、帝国(エムパイア)でありながら、日本と同じで、国民、民衆の支持など、どうにでも操作できる、おかしな国なのだ。本当のデモクラシー(代議制民主政体、だいぎせいみんしゅせいたい)は地に堕ちている。腐りはてているのだ。

 本当の、真の国民の代表が指導者になって、体を張って、本気で良い国、良い世界を作る、ということなど、遠い昔の話になった。
(中略)

 アメリカによる100%完璧のあやつられ政治家である野田佳彦とオバマは、全く同じなのだ。本当は国民からすこしも尊敬されていない。ご自分にアメリカ人の友人がいる人は、直接、アメリカ人の本音(ほんね)を根堀り葉堀り聴きだして欲しい。

 日本国民のほとんど全員から嫌われている野田ブタが、おかしな仕組みで、日本の首相をやっていることと、黒人(下品な表現では、クロンボと言う。使ってはならない言葉だ。)のオバマが、アメリカ国民の代表の大統領 になっていることは同じ事なのだ。

 アメリカ人の大半が、オバマに対して、「あーあ、もういいよ。お前みたいな奴は。さっさと居なくなってくれ」と思っているのだ。こういう真実が、日本国民に少しも伝わらない。そのように日本のテレビ、新聞をすべて敵のグローバリスト(地球支配主義者)に、奪われているからだ。アメリカも同じだ。テレビ新聞は、国民の洗脳のための道具だ。
 (中略) 
 本当のデモクラシーは、日本でもアメリカでも、すべて死に絶えている。奪い取られている。この私たちの現実は、どうしようもなく悲惨なほどに重苦しい。アメリカ国民の中の、誠意ある、かつ優れた人々は、もう十分に分かっている。自分たちの国が、どうしようもない強欲人間どもに乗っ取られ、裏側からの非正規の手法で、操られているのだ、ということを。
(中略)
 私は、民主政体(デモクラシー)を実質で絞め殺して、その上で、わざとらしい表面だけの、適切な手続きだけを演出するアメリカにもう飽き果てている。アメリカ国民の多くも飽き果てている。アメリカにはもう世界を指導する力など微塵もない。このことに私たち日本国民は急いで気づくべきなのだ。
2012/11/17 10:05 AM, a改めb wrote:
第三極に関連してムカついたので投稿

世に倦む日日、馬鹿な貧乏人はハシズムに引っかかって死ねばいいという願望を吐露する
 



世に倦む日日 より引用


年収200万円以下の、疎外されたデスペレートな人々の心境には、既成秩序の破壊を唱えて扇動する極右が新鮮に映るのかもしれない。

これって貧困層に対する偏見だよね。貧乏である事による偏見。貧しい奴は極右だと言う決め付け。いかにもインテリの富裕層の人が考えそうな発言。ある意味石原慎太郎へのエールだよね。お前らの戦争やりたいだろう。鉄砲玉になりそうな馬鹿がいるぞって。希望は戦争って奴は赤木智弘だけっだって。靖国神社に祭られる事に何の意味があるの。眞子さま・佳子さまに萌えてる奴はいるかもしれんが、あんな統一教会臭い気持ち悪い神社になったら、オレは嫌だ。結局、世に倦む日日は日中戦争を望んでるんだな。これは自民党・第三極に対する応援だ。リベラルな振りしたタカ派なのだ。巧妙に偽装しているが間違いない。戦争大好きな世に倦む日日さん。これからも石原の応援、頑張ってね!

mokuro335mokuro335 2012/11/17 00:54 第三極に関連してムカついたので投稿
ネット右翼と化した 世に倦む日日のコメント欄 より引用 
貧困層は政権交代前は救済されるべき弱者、反貧困・格差
現在は排除すべき敵。あまりにも杜撰な論理展開 ネット右翼はお前だよ。外道工作員
日本は右傾化してない。軍需産業によって右傾化させられているのだ。貧困層を右翼扱い。まさにゴミ。
Commented by 旅マン at 2012-11-16 16:10 x

オバマさんは、富裕層にふっかけてでも公正な社会路線で勝った。日本では福島さんや共産党がマッチするが、即、極左扱い。このギャップを解く鍵は「何を言うかではなく、誰が言うか」だ。そして明治維新以降、徹底的に刷り込まれた朝鮮、中国人差別思考回路を忘れてはならない。いくら福島さんが正論を吐いても「だまれ、北の手先めがっ」で終わりなのだ。
他方、昨夜もローカルニュースの街頭インタビューでバア様コンビが「民自はダメ、やっぱり慎太郎さんよ、男だね〜!」と手放しで褒めちぎっていた。

mokuro335mokuro335 2012/11/17 01:09 何が何でも貧困層を右翼に仕立て上げたいようです。むしろ、金持ちが右翼化するほうが多い。まったく最低な外道です。何が何でも安倍が勝つように仕向けたいようです。統一教会の下痢便さんの応援団 世に倦む日日 いくらもらっているんだ。リベラルなふりなんかしないで、安倍まんせーしろよ。橋下応援しろよ。民主主義など、所詮茶番に過ぎないのだから。
2012/11/20 1:49 AM, 丸坊主 wrote:
小林は、アク禁くらってんでしょw

なので自身のヲタHPで遠吠えするのが
精一杯なんでしょうよ!!

ヲタは、家でもネットでも引きこもって
キャーキャー騒いでるのがお似合いww

おっと!!西成に友達がいて
筋肉モリモリのヲタを刺激しない方が
身のためかもww
2012/12/02 6:00 PM, Mass wrote:
次期内閣で、仮に安倍晋三氏が首相になったら、要望がとりあえず2,3ある。
まず、日米同盟(これは、軍事同盟であると同時に、経済的同盟でもあるでしょう)を真剣に考えてほしい。

独立国であるはずの日本がなぜこれほどまでに米国の要求を受け入れたり、米軍の基地を提供し、思いやり予算などと呼ばれる不思議なお金を負担しなければならないのか。

また、最近の沖縄では、「騒音被害や事故が起こる危険なオスプレイの問題」や頻繁に起きている「米兵による集団強姦致傷事件」等に真摯に向き合ってほしい。

「米兵による集団強姦致傷事件の綱紀粛正策として、全ての在日米軍人に10月19日から夜間外出禁止令(午後11時〜午前5時)が課されている。しかし、禁止令を破る形での事件がまた繰り返された。」(朝日新聞 2012年11月19日)

また、国防軍を保持すると考えているらしいが、軍隊は日本の「国」を守るのであって、「国民」を守りはしない(これは、歴史を見ても明らかだし、自衛隊ですら「国民」を守るわけではではないでしょう)。
そして、軍隊というのは、戦争をするのでしょう。

作家の故開高健氏がベトナム戦争に南ベトナム政府軍の従軍記者として、ベトナム戦争を体験し、そこで、得た結論は「戦争に勝利者はいないのです。」とのこと。

「安倍氏は改憲の発議要件を国会議員の3分の2以上と定めた憲法96条について「まず改正手続きから始めたい」と主張。そのうえで、国防軍の保持を明記するため憲法9条改正を目指す考えを示した。」(朝日新聞 2012年12月1日)。

ここまで書いていたら、次の記事を見つけた。

『強姦致傷の疑いで米兵書類送検へ 神奈川県警』
「神奈川県綾瀬市で今年7月、同市に住む30代の知人女性を強姦してけがを負わせたとして、県警は週明けにも、米海軍厚木基地勤務の20代の2等兵曹の男を強姦致傷容疑で横浜地検に書類送検する。県警への取材でわかった。」(朝日新聞 2012年12月1日)
2012/12/03 9:54 PM, Massさんへ wrote:
 私は戦後日本の軽武装・経済成長路線を肯定するため、基本的には日米同盟を支持します。逆に、Massさんのような見解であれば、それこそ「独立国」として国防軍を必要とするのではないかと危惧します。ただ、私としては、時代環境が変化したため、日米同盟のあり方を再検討すべきだと考えています。

 さて、私は日米同盟を非対称な同盟だと認識しています。なぜなら、アメリカには対日防衛義務があり、日本には対米防衛義務がないからです。また、その代わりに、日本は基地などを提供し、同盟のバランスをとっていると考えます。

 次に、沖縄についてですが、私はたいへんな危機感をもっています。これから2008年に八重山諸島で聞いた話をしますが、琉球ナショナリズムというべきものを意識せざるをえませんでした。

 私は「なぜ伝統的な家屋を守るのか」と訊きました。家主の答えは「アメリカ人に文明人であることを示すため」というものでした。つまり、家主はハリケーン・カトリーナで大被害を受けたアメリカを批判し、私は家主から琉球人としての誇りと反米意識を感じました。

 また、家主は日本について批判しました。薩摩藩から始まり、太平洋戦争、敗戦後から現代に至るまで教えていただきましたが、私は家主から「収奪された意識」と「見捨てられた意識」を感じました。

 そして、家主は「沖縄と本土は道路や鉄道でつながっていない」ことを指摘しました。当然すぎることですが、私はこれを警告として捉えました。なぜなら、道路や鉄道がつながっていないとは、物理的な紐帯がないことであり、もし精神的な紐帯が途切れてしまえば、独立という選択肢が出てくるのではないかと懸念するからです。

 あれから4年が経過し、状況はさらに悪化したと認識しています。だからこそ、私は沖縄に「向き合う」のではなく「寄り添う」ことを要望します。
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.